洗濯機の逆襲

 我が家の洗濯機は、4年ほど前に買ったものです。いわゆるドラム型の全自動洗濯乾燥機なのですが。

 しかし、買った時で既に発売から1年が経つ機種で、新製品デビューを機に安売りしていたのを買ったのでした。
 要するに、ドラム型洗濯機の中では初期の部類なのです。

 それゆえか、なぜかうちの環境では、ドラムの外などにゴミがこびりついてしたりして、かみさんは閉口していました。

 また、当時としては一般的だったのですが、洗濯時間が約1時間かかります。
 しかし、最近の機種は、洗濯時間が30分くらいなのですね。

 そういうこともあって、かみさんが新しい洗濯機を欲しがるようになりました。


 そんなわけで、ボーナスが出た直後の12月11日に、近所の電気屋へ洗濯機を見に行って、購入を決めてきました。
 かみさんは、ドラムの外をチェックしていましたが、「これならゴミも付かない!」と、ご満悦でした。
 震災の余波で冬場に乾燥ができる洗濯機を欲しがる家庭が多いから、という説明でしたが、希望の機種が実際にうちに来るのは年末だと言われました。


 ところがその次の日である12日、それを知ったからか、今ある洗濯機が反乱を起こしたのです。
 要は、エラーが出て動かなくなったのよね。
 しかも「排水口が詰まっています」というエラー。掃除はしてみたけど、一向に直らず、排水ができない。

 かみさんは途方に暮れてました。水を吸って脱水していない洗濯物の重いのなんのって。

 だけ、新しい洗濯機は年末にならないと来ないし。

 仕方がないので、電気屋を通してメーカーへ修理の依頼をしましたよ。
 当初は15日に来ると言われて、やっぱり途方に暮れていたのですが、なんとか14日に来てくれて、直してくれました。

 原因は、排水口の詰まりをみるセンサーの断線だったそうで。
 なんでそんなところが断線? と思わずにはいられませんでした。


 幸い、当時流行っていた販売店独自の5年保証というのに入っていたので、修理代はタダでしたけど。
 そして、その後は今のところトラブル無く、洗濯機は動いてくれてますが。


 しかし、あまりにもタイミングが良すぎましたね。
 お払い箱にされると思って、洗濯機にすねられたのでしょうか。


 でも、新しい洗濯機が来たら、もちろんお払い箱にしてやりますとも。 ぉぃ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック