帝都見聞録 1日目 Suicaと東京タワー編

 仕事柄、普段はもとより、年末年始でさえ、連休がなかなか取れないのですが。
 しかし年に1回の夏期休暇だけは、1週間近く取ることができます。

 その休暇を利用して、毎年どこかへ旅行に行くことにしています。
 そして、今年は、帝都・東京へ行くことにしました。


 休暇初日である今日から、早速、帝都へと出撃していきました。


 実は、例の震災以後、旅行をするのも、山形県から出るのも初めて。
 震災前に最後に山形から出たのは2月に仕事で仙台に行ったときだったので、実に半年ぶりです。


 朝は山形を少しゆっくり目に出発したので、東京駅でつばさから降りたのは、午後2時頃でした。
 今回は、帝都内の移動手段を鉄道に頼ることにしたので、まずは「Suica」の調達から始めました。

 私は、携帯電話にモバイルSuica EASY のアプリを以前からインストールしていて、一度だけ使ったことがありますが、チャージは必要でした。
 かみさんの携帯電話にも事前にアプリをインストールしましたが、やはりチャージが必要。この二つは、コンビニでチャージしてきました。券売機では、モバイルSuicaはチャージできないみたいなのでね。

 そして、小学生の娘の分は、子供用のSuicaを東京の「みどりの窓口」で購入。山形では売っていないそうですので。
 購入時点で1500円分チャージ済みなので、そのまま使えました。
 幼稚園児の息子は無料なので、そのまま電車に乗ってもらいます。


 まずは、まっすぐ宿泊予定のホテルへ。ホテルは台場にあるので、新橋からゆりかもめに乗っていきました。ここで早速Suicaの威力が発揮されてました。切符を買わなくてもいいのって、すんごく良いですねぇ。

 ホテルにチェックインして荷物を置いてから、早速お台場を探索。今後の準備のために買い物をしたかったので、AQUA CITY へ行って、いろいろ買って来ました。

画像 そして、今日の目標である東京タワーへ。
 今まで幾度となく東京に来ていながら、ここには行ったことがありませんでした。
 そして、明日のためにも、比較として見に行きたかったのでした。


 「夜景がきれいだろう」という予想の元、ちょうど日が暮れる頃を見計らって出発。

 周囲には今でこそ大きな高層ビルがたくさん立ち上っていますが、この東京タワーができたのは昭和33年ですから、その当時にこれだけ高い物を建てられたというのは、つくづく驚くばかりです。

 実際行ってみると、写真のように先端がわずかに曲がってました。例の地震の時に曲がったと聞いていましたが、本当なんですねぇ。


 ところが、大きな誤算が。この日は神宮の花火大会があって、それを「東京タワーから見よう」という人で大混雑。
 どうしても行きたかった、特別展望台へ行くのに、40分以上待たされてしまいました。

 結局、その特別展望台も、下の大展望台も、神宮方面が見える場所は多くの人だかりが。
 人の合間からちょっと私も見ましたけど、花火はビルの谷間からちょっとだけ見える程度。
あれだったら、わざわさ東京タワーに金を払って来るほどの見え方ではないような気がしましたよ。
 そのせいで、夜景も反対側の海側しか堪能できませんでしたよ。とほほ。


 夕食は東京タワーの下で済ませて、ホテルへ帰還。
 明日に備えて、ゆっくり休みました。


<続く> 


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック