3.11地震 その4 地震から一週間

 また、とりとめもなく書いていく。

 地震から一週間が経つ。

 久々に、踏切の警報機の音を聞いた。
 地震以後止まっていた、米坂線がようやく再開するって、ニュースに書いてあったな… と思ったが、確か再開は明日では?

 ふと見ると、フラワー長井線の車両がゆっくりと通っていった。車両の中の照明は消えていたので、試運転でもしていたのだろう。
 確認したら、フラワー長井線も明日から暫定ダイヤで再開するらしい。
 少しずつだが、平常に戻っていく。

 これでガソリンの需要も、少しは減るだろうか。

---

 電波時計が自動補正をしなくなって久しい。
 原発事故の影響で、標準電波が停波しているからなんだけど。

 半ば自分の趣味で、うちじゅうの時計の大半が電波時計なんだけど、それらがずっと標準電波を受信するのを待っている。

 なんだか、けなげに思える。

 標準電波を受信できるのは、いつになるのだろう。

---

 東京電力が、福島第一原発の廃炉を含めて検定していくという表明をした。
 まぁ、冷却のために海水を注入した時点である程度覚悟はしていたのだろう。それが嫌だからこそ、初期には海水の注入をためらっていたのだから。

 それに対して、ネットでは「当然」とか「何を今更」とか、そのくらいならまだいいが、
 さらには、「5号機6号機は使う気でいたのかよ」とか、「もう原発は全廃せよ」とか

 心情的にはわからないでもないけれど。


 でも、それでいいのか? と言いたくなる。


 もちろん、海水を注入した1-3号機は、使い物にならないだろう。

 だけど、原発を使わないで、首都圏ではどうやって電力を確保するんだい?
 
 あの計画停電を、いつまで続けるつもりなんだい?

 新しい発電所なんて、すぐにはできないぞ?
 第一、その新しい発電所は、何をエネルギー源にするつもりなんだい?
 まさか今更、火力じゃないよな?


 現実的には、残る5-6号機や、福島第二原発の再稼働を速やかに目指すべきなんじゃないのかね?


 「東北の片田舎に住んでいる私には関係ない」とか
 「東北電力から首都圏に送電するのはまっぴらだ」とか
 言っちゃうぞ?


 個人的には、危機管理体制をきちんと考えていない東電の幹部と、40年前の古い設備の代わりに新しい原発を作ることに反対し続けてきた、当時の野党、現与党のせいだと思っています。
 だって、比較的新しい福島第二原発と女川原発は、ちゃんと今も安全に止まっているんだからさ。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

東電1600株主の某国陛下
2011年03月19日 20:42
1000年に一回クラスの災害に対して被害がでたから東電が悪いってのはちーくとかわいそうだなぁ~と思っている。
緊急停止した点は、評価できるねぇ~。止まってなかったら高確率で爆発して放射能をばらまいていたでせう。海水注入の決断に躊躇した東電に非があるかといわれればあるだろうが、現場で決断するのは難しかっただろうなと思う。

いつの時代も対案及び代替案なしの反対ONLYは愚か者のレッテルを貼られるだけだね。そーゆー方たちは大局眼を持たぬ近視眼的な自己中ということですなぁ。

核融合炉が実用化されれば一番いいんだけどねぇ。ぜんぜん目処がたたないからねぇ~。やはり、現状としては今回の事故をフィードバックしてより安全な原子炉を作るのは短期的には正しい道だと思っているよ。長期的に原発ゼロを目指す計画ならわかりますねぇ~
ご~ちゃん(管理人)
2011年03月19日 21:03
某国陛下 ようこそ。

まったくです。
「いつの時代も対案及び代替案なしの反対ONLYは愚か者のレッテルを貼られるだけ」ってことがわからない人が多すぎです。
普天間問題も同じ事が言えると思います。

原発ゼロを目指すためには、他の発電源をどうするかが問題となるでしょうね。

全ての家屋に太陽電池パネルを積むとか??ww

この記事へのトラックバック