HD DVD 後の東芝の戦略

 本業が忙しく、なかなか書けずにいましたが。

 先日、私がいつも見ているサイトに、東芝デジタルメディアネットワーク社の社長のインタビューが載っていました。

 大河原克行のデジタル家電 -最前線-
東芝のデジタルメディア戦略を語る【前編】
-東芝DM社・藤井美英社長インタビュー


東芝のデジタルメディア戦略を語る【後編】
-東芝DM社・藤井美英社長インタビュー



 この中で述べられていて気になったのが、「後編」の
当社の調査によると、光ディスクをアーカイブとして使っていないという人が、5割弱もいるんです。HD DVDやDVDを搭載したレコーダを購入しても、光ディスクを使ったことがない、HDDに録っては消して、録っては消してという利用の人が意外にも多い。こうした用途では、光ディスクは本来不要です。

という記述。一見、光ディスク不要論にも見える話ですが。

 VARDIAユーザー(RD-A600)として言わせてもらうと、これは、半分は当たっていて、半分は外れ。

 半分は、光ディスクにアーカイブして取っておきたいほどのコンテンツが確かに少ない。わざわざ DVD や HD DVD・Blu-ray に焼いても、その後、私のライフ・スタイルにおいて、見る時間があるの?ということです。
 映画やドラマなどは、そのうち DVD や BD で発売されるでしょうから、本当に取っておきたければそれを買えばいいですし。

 もう半分は、たまに取っておきたいコンテンツ(番組)が有ったとしても、それを取っておくための空メディアが高くて買えない、買えなかったのです。
 私が持っているのはRD-A600ですから、保存するならSD画質でDVD(-R, -RE, -RAM)か、HD画質で保存するならHD DVD(-R)です。せっかくのHD画質をSD画質にしたくないと考えれば、1枚1500円くらいするHD DVD-Rを買わなくてはいけなかったわけです。
 それが安くなるのを待っていたのですが、そうこうしているうちに HD DVDからの撤退となってしまった。
 ついでに、RD-A600には、AVCで録画する機能はないわけです。

 まぁ、HD DVD-Rも10枚セットなどだと一枚あたりが安くなってきているようではありますが。
 でも、売っているところが東芝の直販サイト、Shop1048くらいでしょうからねぇ。少なくとも、うちの近所の家電量販店では、現在でも一枚1300円くらいのが数枚置いてあるかどうか、という程度です。需要も極端に少ないでしょうからねぇ。


 とはいえ、光ディスクメディアに保存したいというニーズがあるのは、私にも理解できます。
 それに対して、VARDIAには「HD Rec」という選択肢しかないというのは、何もないよりはマシだけども、それだけでいいのか、という感じですね。


 しかしながら、Blu-rayを搭載する気がない、というのもわからないでもない。この記事の中でも、歴史的経緯があるからとはいえ、BD側の体制批判をしていますからねぇ。少なくともBlu-rayの利用者がDVDを上回るようになったりしない限り、意地でもBlu-rayは載せないでしょうね。
 そうでなくても、今さらどの面下げてBlu-ray体制に入ればいいんでしょう。技術力はあるのに、発言力なんか無いに等しくなるでしょうからね。


 であるなら、ユーザー側からの希望としては、同じ事をネット上で発言している人もいますが、私も、
 「REGZAの様に外付けHDDにも記録できるようにして欲しい」
 と思います。

 先ほどの記事にも、あの続きに
 HDDの高容量化や増設HDDの普及により、HDDへのアーカイブも可能になります。(中略) 東芝としては、テレビの周辺機器として、レコーダをHDD、光ディスク、フラッシュメモリという選択肢のなかから選択していく。そこに、東芝として有利な選択をしていきたい。

だとか、その前にも、
 もともと、東芝は、録画はHDDで楽しみ、プレーヤーとしてHD DVDを利用してほしいということを訴えてきました。その延長線上の考え方で取り組んでいきます。

なとど言っているようですので、外付けHDDによる増設の方が、よっぽど現実味があると思います。是非、実現してもらいたいものです。

 私が持つ、RD-A600の数少ない不満点の一つが、「HDD容量の少なさ」だというのは、RD-A600が発表された時から言っていましたから。

 というわけで、上記の
録画はHDDで楽しみ、プレーヤーとしてHD DVDを利用してほしい
というところの HD DVD は、 Blu-rayに置き換えなくてはいけなくなったわけですが。


 実は、うちの現状から、Blu-rayをどのように組み入れようかというので悩んでいます。
 今までほとんどしていなかったように、これからも光ディスクメディアへの書き出しが不要なのであれば、Blu-rayは、そのプレイヤーがあれば充分事足りる、ということになりますので。

 しかし、Blu-rayのプレイヤー専用機って、ほとんど無いんだよなぁ。
 しかも、現時点で最も高性能で、最もコストパフォーマンスに優れたBlu-rayプレイヤーというのが、マルチメディアプレイヤーにもなり、超高規格なゲームもでき、ネームバリューでも超有名なハードウェア、あの「Playstation3」ですからねぇ・・・(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 最も安価にBlu-rayを見るには?

    Excerpt:  個人的な趣味がわかってしまうので詳細は避けますが(笑)、私にとって「どうしてもこれは欲しい!」と思う Blu-ray のソフトが発売されることが決まったので、思わず衝動的に予約してしまいました。 Weblog: ご~ちゃんの部屋 racked: 2008-10-19 02:39