愛車のバッテリーが上がった・・・

 昨日の朝、職場に行くために、いつもの愛車に乗り込んで、いつも通りエンジンを掛けた。
 キョキョキョキョキョ・・・ エンジンがかからない・・・ なんで?

 一瞬、パニックになってしまったが、数秒で我を取り戻し、すぐに分析してみる。
 いつもなら見目鮮やかに点灯する計器のランプ類がほとんど点かない。
 しかも、セルスターターが始動しない。つまり、バッテリーが切れかかっているのね。


 しかし、こんなことは前代未聞ですよ。まず、原因を見つけないと。

 確かに今の車は購入後4年で、バッテリー交換したことはないが、5月の12ヶ月点検の時に「バッテリーが弱ってたら教えて」と言っていたにもかかわらず「大丈夫です」と言われて返って来たぐらいだ。バッテリー劣化のせいとは思えない。しかも、まだ走行距離も3万km弱だし。

 ふと上を見ると、室内灯が薄暗く点いている。あぁ、これが原因か。最後にこの車に乗ったのは金曜日の夜だから、2日半の間、点きっぱなしだったのね。土曜に旅行に出かけるから、荷物をかみさんの車に移したりしたんだけど、その時に消し忘れたんだな。


 だが、原因がわかったからといって、もちろんすぐに解決できるわけではない。
 とりあえず、車は現状で放っておく。かみさんが今日は車を使う用事がないというので、職場へはかみさんの車で通勤した。


 さて、どうやって解決しよう?

 バッテリーが弱ってるわけではないから、バッテリーを買い換える必要はないだろう。
 ブースターケーブルは持っているから、かみさんの車と繋いでしまえば、エンジンをかけることはできる。
 でも、その後充電するまで、ずっとエンジンをかけっぱなしにするか?ガソリンが高価でエコが騒がれている時にそれもどうかと悩む。

 悩んで結局、仕事の帰りにホームセンターでバッテリー充電器を買ってくる。
 車からバッテリーを外して、家の中で充電。一晩も置けば満充電するでしょう。
 かみさんには、「そんな機械を買ったら、ガソリン代よりも高くついたんじゃないの?」と言われてしまう(苦笑)。


 というわけで、今朝、いつもより早起きして、充電し終わったバッテリーを車に戻す。そして、不具合がないかチェック。
 バッテリーを一度外して付け直しているので、電装系のほとんどにリセットがかかっていると考えるべきだろう。

  • 時計とラジオ選局のプリセットは初期化されていた。
     やはり再設定が必要。これは予想通り。

  • トリップメーターも0になっていた。
     これも予想通り。直しようもないが。

  • DSC警告灯が点いて消えない。
     あわてて説明書を見ると「ディラーへ」と書いてあるが、前にどこかで「ハンドルをめいいっぱい、両側に切るといい」と書いてあったのを思い出す。左にめいっぱい切って、右に切って、戻して、エンジン再始動をしたら直った。

  • パワーウインドウのAUTO(ちょっと深く押すと勝手に全部開閉する)が効かない。
     これも、一度一気に全開して全閉したら直る。

  • ナビの画面が出ない。
     ナビに不調をきたしたか、と思ったら、ナビのモニターの電源が入っていないだけだった。リセットされると切の状態になるらしい。点けたら、動作には問題なし。ナビの位置精度などの学習もクリアされていなかった。

  • エンジンの回転が不安定。
     アイドリング状態で、回転が安定しない。ECUの点火タイミング学習がクリアされるからだと、どこかで見た記憶がある。
     であれば、しばらく乗っていれば自動的におさまるだろう。もっとも、MT車だからというのもあり、ちょっと動かした時にエンストしてしまったが。


  •  というわけで、なんとか解決。
     次からは気をつけようね(笑)。 

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    この記事へのトラックバック

    • 自動車保険と、その選び方と見積もり

      Excerpt: 何のために自動車保険に入るのかというと、最大は賠償の問題でしょうか。人身事故であった場合などは、被害者の傷害の程度によっては億単位の賠償が求められることもあります。こんな賠償を払わされることになっては.. Weblog: 自動車保険の話 racked: 2008-12-28 03:29